CSRの取り組み

ハヤシレピック株式会社は社会、地域の発展と自社の成長を目指し、
CSR活動に取り組んでおります。

品質への取り組み

品質方針

基本理念

品質マネジメントシステムの効果的運用により、顧客ニーズと期待、法規制を満足させ、
顧客から信頼が得られる製品を提供する。又、継続的な改善を行い、永続的な存続を目指す。

という理念に基づき事業部ごとに方針を定め、品質マネジメントに取り組んでいます。

基本方針

基本理念を実現するために以下の事項を定め実践する。

  1. 常に顧客ニーズへの対応と期待を把握し、顧客の要求事項、法規制を遵守し顧客が満足する製品を期待通りに提供する。
  2. 常に独自の技術を追求し、高品質・高信頼の製品を提供出来るようマネジメントシステムを継続的に改善し、不適合の撲滅を約束する。
  3. 常に時代の変化を先見し、一人一人が主体的に業務に参加し、活動する。
  4. 常に省資源、省エネルギー、有機化学物質・廃棄物の削減、環境配慮型製品の採用に取り組み、汚染の予防に努める。このために管理組織を整備するとともに利害関係者との協力を図る。
  5. 常に顧客や社会及び法規制が求めるセキュリティ要求事項を遵守し、情報資産の消滅、盗難、不正使用、漏洩などを防止し、顧客の信頼へ応え続けられるよう、セキュリティ重視の考えで業務を遂行する。

平成23年11月1日
ハヤシレピック株式会社
代表取締役 林 茂

環境への取り組み

エコアクション21

エコアクション21 認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21 ガイドラインに基づく、事業者のための認証・登録制度です。

基本理念

林グループは、地域の良き企業市民として企業活動と地球環境との調和を目指し、常に市場に提供する製品の設計、生産、サービス、調達事業活動において、一人一人が環境へのやさしさを優先して行動いたします。

行動指針

環境関連の法規制や協定を遵守し、さらに自主的な環境保全活動を実施します。
環境管理システムを確立し、事業活動が環境に与える影響を把握し、環境汚染の防止や環境負荷低減活動を実施します。
各事業活動において資源・エネルギーの有効利用や廃棄物などのリサイクルを図ります。
環境負荷低減に配慮した製品・サービスの提供に努めます。
全従業員に環境教育を実施し、環境意識の向上を図り方針に沿った行動を促します。

制定
2005年4月1日
ハヤシレピック株式会社
代表取締役 林 厚

職場環境への取り組み

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画の推進について

ハヤシレピック株式会社 は、日本における少子化解決に向けた法令を遵守し、一般事業主行動計画を策定、実践をしています。

計画期間

平成27年4月1日~平成37年3月31日

行動計画策定指針の事項

雇用環境の整備に関する事項として以下を実施します。

  1. 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援する雇用環境の整備として、育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知
  2. 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
    ・所定外労働削減のための措置の実施

届出日
平成27年3月27日
代表取締役 林 厚

MENU