沿革

ハヤシレピックの歩み
100年企業をめざして

昭和5年(1930) 合資会社林時計工作所設立。
服部時計店工場精工舎の専属外注工場として腕時計組立、及び修理を主要業務とする。
昭和16年(1941) 佐貫工場を新設(千葉県富津市)。
昭和39年(1964) 腕時計部品及び自社治工具類の製造開始。
昭和44年(1969) 館山精密工業(株)設立(千葉県館山市)。
昭和48年(1973) 林時計工業(株)館山工場を新設。
昭和49年(1974) 林栄精器(株)精機事業部を佐貫工場より独立、設立。
自動整列供給装置「ダイナフィーダ」の製造、販売開始。
比内時計工業(株)設立。
秋田県北秋田郡に比内町の誘致企業として比内町独鈷11番地で操業を開始。
昭和50年(1975) 林栄精器(株)国際事業部設立。
比内時計工業(株)にて腕時計の組立(手組)開始。
昭和57年(1982) 高輝度冷光照明装置「ルミナーエース」の開発。
昭和58年(1983) 佐貫工場にてHDD用部品(サスペンション)及びHDDヘッド組立加工を開始。
昭和62年(1987) 林精密電子(株)設立(館山精密工業、林時計工業館山工場を合併)。
昭和63年(1988) 比内時計工業㈱比内町の新館工業団地に工場新設、移転。
平成元年(1989) 林時計工業(株)仙台営業所開設。
KORIN ELECTRONIC CO.,LTD(林香港有限公司)を設立。
平成2年(1990) 林精密電子(株)にて半導体製造開始。
平成3年(1991) 比内時計工業㈱比内工場2階増設。
平成4年(1993) 林栄精器(株)国際事業部つくば営業所開設。
平成7年(1995) 林時計工業(株)大阪営業所開設。
平成8年(1996) タコタ電機工業(株)に資本参加。
平成19年(2007) 比内時計工業(株)エコアクション21認証取得。
平成20年(2008) HAYASHI TRADING(SHENZHEN)CO.,LTD(海亜禧貿易(深圳)有限公司)設立。
タコタ電機工業(株)を林時計工業(株)に吸収合併し、冷熱システム事業部を設立。
平成22年(2010) 林精密電子(株)を林時計工業(株)に吸収合併し、電子デバイス事業部を設立。
比内時計工業(株)医療機器製造ISO13485認証取得。
平成25年(2013) 林栄精器(株)国際事業部つくば営業所をつくば事業所に改称。
平成27年(2015) 林時計工業(株)部品事業部を林栄精器(株)精機事業部に統合。
平成30年(2018) 林栄精器(株)を林時計工業(株)に吸収合併し社名をハヤシレピック(株)に改称。
MENU